ネズミとの格闘(現在進行形)

まず始めに。

ネズミを飼った話ではありません。

うちの家の屋根裏にネズミが住み着いてしまっている話です!😱

ちなみにですが、私は子供の頃にハムスターを長く飼っていたのでネズミ科の動物は大好きです。

こちらに住む様になってから、夫に「何か動物が飼いたい?」と聞かれ、真っ先に「ハムスターが飼いたい!!」と言った位大好きです。

そして悲しい事にオーストラリアではハムスターをペットとして飼う事は違法だと知りました、、、、😭

知り合いの動物に詳しいオージーが言うには、ハムスターを含む元々オーストラリアの動物ではなく繁殖力が強いものは、オーストラリアの生態系を壊す可能性が高いからペットとして飼う事は違法になったそうです。

研究目的として持ち込まれる事はあるが、去勢された雄のみだそうです。

ただモルモットやファンシーラットなどは飼う事が可能ですので、普通にペットショップで買えます。

モルモットはともかく、ラットは繁殖率も強いんだからハムスターと一緒じゃないのかな?!と聞いてみたら、その法律が定まる前から居た動物だから地の動物と捉えてるんじゃないのかな〜っと曖昧な返事でした、、、😓

また、ケアンズを含むQLD州ではウサギを飼う事も違法ですのご注意下さい。
※詳しくはこちら(英語)


話がそれてしまいましたが💦

先日、夫が急に夜中に起き上がり、盛んに天井を叩いているので、何事かと思って聞いてみたら「足音がする!」との事。

初め何の事か分かりませんでしたが、夫が「音が小さいからネズミだと思う」と言われて、やっと状況が飲み込めました。

次の日、知り合いにどうしたら良いか聞いてみた所、

「ホームセンターでネズミ駆除用の餌が売ってるから、それを買って天井裏にまくと、ネズミがそれを食べたら急激に喉が渇く様に出来てるから水を求めて勝手に出て行くよ」

と言われたので、早速ホームセンターで探してみたのですが、一杯有り過ぎて分からず💧

そこで、先程の動物に詳しいオージーに電話して聞いていたら

「それは絶対に駄目!!君達の家は最近建てられた家なので、昔に建てられた家とは屋根裏のパイプ構造が違う。昔は銅で作られていたからネズミが齧っても簡単には壊れなかったが、今はプラスチックで出来ている。その餌をまいたらネズミはどんな手段でも使って水を得ようとするので、下手したらパイプを齧って壊し大惨事になるかもしれない!!」

大興奮で説得されました💦

その方は建築士でもあるので、素直に餌まきは諦めました。

で、その方が言うには

「一番良いのは罠を仕掛ける事。餌はピーナッツバターがベスト」

との事なので、買ってきました。

元々餌が付いてるトラップです。

餌を食べようとしたらトラップが作動し、首が絞まり即死するらしいです。

暫くトラップに付いてる餌で試してみて、駄目だったら使ってみようと言う事で一番安いピーナッツバターも購入。

只今、罠を仕掛けて2日目。

まだ捕まっておりません。

先程も言いましたが、私はネズミ科の動物が大好きなので、半日毎に罠を夫が確認する度に悲しい気持ちになります、、、、。

害獣なのも分かってる、、、

屋根裏に居たら、家の骨組みを齧られるだろうし、糞や尿で骨組みが腐ってしまうかもしれない、、、、コードを齧られるかもしれない、、、、

が、死体を見る勇気もない、、、、

夫にはいつも「全部自分でやるから、君は何処かに行っていて」と言われます😓

罠を仕掛けてからネズミの足音も聞かなくなりました。

もしかしたら罠を仕掛けた時に、危険を察して逃げたのかもしれない。

そうであって欲しいと思いつつ、今日も罠を仕掛けております。

まだまだネズミとの格闘は続きます。


ここまで読んで頂きありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

ケアンズでいちご狩り

 先日、友人に誘われていちご狩りに行ってきました! アサートン高原という、ケアンズから大体1時間位車を走らせたところにあるShaylee Strawberry Farmです。 日曜日に行ったので、いっぱいの人が来てました。 中には小さなお店があっていちご狩りはしたくないけど、いち...