追悼

ケアンズとは全く関係ない事を書きます。

前回の記事を書いた時に、次回は友人の息子さんのカーレースについて書くと記述していましたが、急遽、私が30年以上愛し続けているBuck-Tickの非常に悲しいニュースがあったので、追悼の記事を書きたいと思います。
中学生の時に友人に勧められて、初めて「iconoclasm」という曲を聞いて以来、私はずっとBuck- Tickの大ファンです。

所謂ところの相当のガチファンです。

初めて聞いたその奇抜でロックな曲に私はすっかり魅了されてしまいました。

私が人生で初めて行ったライブもBuck- Tickでした。

櫻井敦司さん……ここではあえて「あっちゃん」と呼ばせて下さい。

人生で初めてのライブであっちゃんを実際にこの目で見て、私はあっちゃんのあまりの美しさに「この世にこんな綺麗な人が存在するんだ」と驚きました。

それからは私の生活のほとんどがBuck- Tickになりました。

高校生の時は、必死にバイトでお金を貯めて関西圏のBuck- Tickのライブには出来る限り参加しました。

Buck- Tickが載った雑誌はどんな小さい記事でも買って、友人と如何にBuck- Tickが凄いか語り合いました。

当時はVHSでしたので、ライブビデオは本当に擦り切れるまで見ました。

特に「six/nine」のVHSはもう何回見たか分かりません。全部の曲が大好きで、特に「楽園(祈り 希い)」や「見えない物を見ようとする誤解 全て誤解だ」や「love letter」は凄く良い。

そのアルバム以外の曲も凄く良い。

「idol」「Baby, I want you」「...In Heaven...」「ミウ」「ゲルニカの夜」「夢魔」……好きな曲を上げればきりがありません。

Buck- Tickは間違いなく10代から20代後半までの、私の不安定な時期を支えてくれました。

辛いことがあって死にたいと思っても、1ヶ月後にBuck- Tickのライブがあるからそれまでは生きようと思えました。

Buck- Tickは私の生きがいでした。

そしてBuck- Tickはあっちゃんだけが凄いんじゃなくて、今井ちゃん、ヒデさん、ユータ、アニィの全員が凄い。

皆がみんなを尊敬し合い、Buck- Tickにしか表現できない素晴らしい曲を作り上げていました。

私はそんなBuck- Tickが好きで好きで堪りません。

ケアンズに来てからは日本にいる時の様にライブには行けなかったけど、CDやDVDが出れば取り寄せて、ライブに合わせて帰国したりもしてました。

私があまりにも毎日Buck- Tickの音楽を聴いて歌ってるから、夫も遂に口ずさみ始めて、今では夫も「Buck- Tickいいね。今日はあのCDが聞きたい」と言ってくれるまでになりました。

本当につい最近、夫に「次のBuck- Tickのライブツアーの時には俺も一緒に行きたい」と言われて「うん、そうだね。一緒に行こう!」と話したばかりでした。

だからまさか……あっちゃんがこんな事になるなんて思ってもいませんでした。

本当に本当に大好きで……まさかこんなにいきなり、そしてこんなに早く、あっちゃんがいなくなるなんて思っていなかった。

辛くて、悲しくて、寂しくて……私は溢れ出す涙を止められそうにありません。

美青年だったあっちゃんが、どんどん年を取って綺麗なお爺ちゃんになっていく過程を見ていたかった。

年々渋みを増す、あっちゃんの歌声をずっと聞いていたかった。

あっちゃん、あなたは私の青春でした。

私をずっと支えてくれてありがとう。

永遠にあなたを愛してる。

あなたが愛したBuck- Tickをこれからも私は愛し続けます。

May you rest in peace.

友人のファーム訪問

ここ暫く色んな事があって全然ブログを書けなかったのですが、やっと少し落ち着いたので今まであった事を少しずつ書いて行こうと思います。

まず、今月初めに友人のファームに遊びに行ってきました!

相変わらず素晴らしい!!

友人のファームについては以前に書いたこちら(ケアンズ近郊でファームステイしてみませんか?:リンクはこちら)の記事でご確認ください。

ちなみにですが、コロナの影響で現在こちらではファームステイを休止しているそうです。

保険関係や色んな問題が解決したらまた再開したいと仰ってました。

来年の今頃にはまた再開出来るように頑張ってるとの事ですので、またファームステイを再開されたら私のブログでお知らせしたいと思います。

奥様のJudyから少し前にお問い合わせを頂いたと伺いました。

私のブログを読んで頂いて折角お問い合わせて下さったのに大変申し訳ありませんでした。

また来年以降にでもケアンズに来られる機会がありましたら、楽しい経験が出来ると思いますので是非こちらにお越し下さいね。

話しが逸れてしまいましたが💦

今回は次回の記事に書く予定にしている友人の息子さんのカーレースを見る為に来たので、こちらのファームには少しだけの滞在でしたが……

まずは可愛い豚さん。

Judyが呼んだらブヒブヒ言いながら近寄って来ました💓
めちゃめちゃ懐いてて可愛い。

見て下さい。この幸せそうな顔。

そしてロバ!
白っぽいロバはなんと生後1週間だそうです。

後ろにいる母ロバはまだまだ非常に攻撃的でRobertには赤ちゃんを触らせるけど、他の人は少しでも近づいたら攻撃してくるから気を付けてと注意を受けました。

もう一匹の少し成長した子は自分から近づいて来てくれました。
おめめがクリクリで可愛い。

でも、母ロバが背後にいたので触らずに写真だけ撮らせて貰いました。

後はもちろん沢山の牛や鶏、Judyが大好きな馬がいましたよ!
いや~動物大好きなので、とても楽しかったです!

特にロバの赤ちゃんの可愛さには夫と共に大興奮してしまいました😆💕

短い滞在でしたが、良い経験をさせて貰えて大満足でした。

ファーム経営は大変な事も多いでしょうが、こんなのどかな所で動物たちに囲まれた生活は楽しいだろうな~と羨ましく思いました。

将来、こんな生活もありだなと思いました😊

最後に私の脚にもたれてまどろむ可愛いLorettaをご覧ください。
可愛い……

ここまで読んで頂きありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ

にほんブログ村 

オーストラリアで人気の飲み物

少し前に観光で来られた日本人の方とお話する機会があったのですが、その際に「オーストラリアに来たらこれは試してってものはありますか?」と聞かれました。

実際オーストラリアで是非試して欲しい物は沢山あります。

カンガルー、エミュー、ワニの肉だったり、オージービーフだったり、ミートパイだったり。

ワインも有名ですし、Cadbury(キャドバリー)のチョコレートも試して欲しい。

でもそんな中で1番試して欲しい物は、私も大好きで日本では殆ど見ないジンジャービアです。
ジンジャービアは『Beer』とありますが、基本的には生姜味の炭酸の入ったノンアルコールの甘い飲み物で、生姜スパイスや酵母、砂糖などを発酵させて作られた飲み物です。

元々は18世紀半ばのイギリスのヨークシャーで誕生した飲み物なのですが、オーストラリアは英国連邦の一国ですので、もちろんオーストラリアでも長年愛されてる飲み物です。

特に上記のBUNDABERG GINGER BEER(バンダバーグ、ジンジャービア)はケアンズもあるQLD州のバンダバーグで生産されてる人気のジンジャービアで、1960年の会社設立から約60年にわたり、多くの人に長く愛されています。

オーストラリアのスーパーマーケット、コンビニ、レストラン、カフェ、ガソリンスタンド等々と本当にどこでも売っています。

バンダバーグ社のジンジャービアが人気で定番ですが、もちろん色んなメーカーのジンジャービアがあります。
大きなサイズだけでなく、小さなサイズもありますよ。
日本ではジンジャーエールが有名ですが、ジンジャービアと全然味が違います。

まぁ製造方法が違うので当然なのですが、ジンジャービアはめちゃめちゃ生姜です。

もうビックリする位、生姜味です。

私も初めて飲んだ時、あまりの生姜でビックリしました。

ただ一度飲むと独特のスパイシーさが癖になります。

しかも少し気持ち悪くなった時に飲むと、すっきりするので我が家では小さいサイズを常備しています。
なので観光で疲れたや、乗り物酔いをして少し気持ち悪い時などは、本当にどこにでも売ってるので是非飲んで頂きたい。

最初の一口目はあまりの生姜味にびっくりするかもしれませんが、きっとあなたの助けになると思います。

更に見て頂いた通り、パッケージにはカンガルーのマークがありますので、お土産にも最適ではないでしょうか?

液体物なので、持ち帰りの際には気を付けて頂きたいですが、お土産にもお勧めですよ!

ノンアルコールの飲み物ですので子供さんも飲めますが、そこそこ刺激がある飲み物ですので一度親御さんが試しに飲んでみて下さいね。

最後にネズミのおもちゃで遊んでる可愛いLorettaをご覧ください。
私が作ったペットベッドを愛用してくれてて嬉しい😍

ここまで読んで頂きありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ

にほんブログ村 

新しい家族を迎えました

つい最近、めちゃめちゃ可愛い新しい家族を迎えました💗 まだ3ヶ月の女の子で、Sakura:サクラと名付けました。 実はこの子を引き取る前に、夫とあと1匹だけ保護施設から受け入れようと話していました。 色々と譲渡会に参加してみて、今度は犬にしようかと考えていたのですが…… ある日...