野生のペリカン

ケアンズエスプラネードを歩いていたら野生のペリカンがこんなに近くに居ました!

私は鳥類の中でペリカンが一番好きなので、こんなに近くで見れて嬉しい。

いつもはこんな風に遠くに居るのしか見れないので、ここまで近くに居るのは珍しいです。

ちなみにこの看板は「こんな鳥がここに居ます。どうか邪魔せず、ぬかるみの中に入らないで」という様な事が書いてます。

たまに観光客の方が中に入って動物の写真を撮ったりしていたので、置かれたものでしょうね。

珍しい鳥が居たら近くで撮りたいとは思いますが、ぬかるみの中は危ないですし、鳥を驚かせてしまうので、どうか控えて欲しいです。

この日は満潮だったので、ボードウォークの方に集まって来てたのでしょうね。
近くで見れてラッキーでした!

本当にこんなに近くで、こんなに沢山居るのは珍しいので、少し人が集まっていました。

人だかりを撮りつつ、やはり絵になる観覧車もついつい一緒に写真に収めたくなってしまいます。

予定では観覧車はあと2ヶ月間だけですが、今後どうなるんでしょうね。

日中は結構流行っているみたいなので、このまま残ってくれたらいいな~っと願っています。

何はともあれ、野生のペリカンに会えるケアンズ、是非お越しください!

運が良ければこんなに近くで見れますよ😆

ここまで読んで頂きありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

オーストラリアランキング

ウエハースの発音

この所、新しいミシンに夢中で、まさに寝食を忘れる勢いで作っています。

財布作り楽し過ぎます、、、、!!

中も色々改良したのですが、カードは12枚が限界ですね、、、これ以上増やすとジャノメのミシンでも縫えない💦

そんな最近、作業中にちょっとお腹が空いたときに食べるのがこちら。

なんと、¢57です。1ドル未満で買えちゃいます。

流石、Colesブランド!お安いのに人工香料・着色料不使用で、星は0.5ですが💦一応あります。

星については以前に書いたこちらの記事でご確認下さい。

ちなみにこちらのお菓子、日本ではウエハースって言いますよね。

こっちに10年も住んでて今更感満載ですが、、、ウエハースて日本でしか通じないんですね、、、、。

夫に「出掛けるならウエハース買って来て!」とお願いしたら、めちゃめちゃ困惑されました。

何で分かんないのかな~っとお菓子でいつも食べてて、と説明してたら急に、「分かった!!ウェイファースの事だね!」っと言われビックリ。

夫にスペルを見せられて、「これはね、wafers(ウェイファース)って発音するんだよ」っと説明されてしまいました😓

日本で普通に英語だと思って使っていた言葉なので、英語だと勝手に信じていました。

英語と信じて疑っていなかったのでスペルもちゃんと見ていませんでした。

日本語には結構こういった、中途半端な独自の日本語英語があり困惑します。

過去に夫に訂正されたのは、

allergy (アレルギー)→アラジィ
alcohol (アルコール)→アルクホォール
chaos (カオス)→ケィオス
label(ラベル)→レイベル

などなど。

きっともっといっぱいあるんでしょうね。これからはもっと気を付けようと思いました。

まぁそれはさて置き。

こちらのウエハース、安いですが美味しいです。

バニラクリームもちゃんといっぱい入ってます。

お皿がオタクですが💦お許しください。友人からのプレゼントですので、大事に使っています。

作業中、少しお腹が空いたら、いつもこちらのウエハースを食べています。

余り甘すぎず、コーヒーのお供にも最適です。

チョコレート味もありますが、私はバニラの方が好きです。

ちなみにMade in New Zealand です。

Made in Australiaではありませんが、ニュージーランドもオセアニア地域ですので、ばら撒き用のお土産には良いかもしれませんね。

お土産だと小分けになっているか気にされる方が多いと思いますが、残念ながらこれは小分けではありませんので、ご注意を。

ケアンズにお越しの際にはぜひ、こちらの美味しいウエハースをお試し頂ければと思います。

もし探して見付からなくて、店員さんに聞く際には「wafers(ウェイファース)」と発音することもお忘れなく!

ここまで読んで頂きありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

オーストラリアランキング

ケアンズでテニスがしたいなら

義妹は本当にプロのテニスプレイヤーになりたいので、ケアンズに滞在中、ほぼ毎日テニスのトレーニングを受けていました。

私ももちろん、その夢を応援していますので、そのトレーニングに付き合っていました。

義妹が慕っているコーチの方がRydges Esplanade Resort Cairnsと契約しているコーチの方でしたので、そのホテルにあるコートでトレーニングを受けていました。

流石、大手のホテルですので、綺麗です。

義妹がトレーニング受けていたのは7,8月だったので、観光客の方も沢山いらっしゃいました。

皆さん不思議そうに「これは何しているの?」と私に聞いてこられました。

その内の一人の方に「どうしたらこのトレーニングを受ける事が出来るの?」と聞かれ、コーチの方に確認したら、ホテルのレセプションでも予約出来るとの事。

その後、義妹のトレーニング中に色んな方に「このコーチの人とテニスしてみたいんだけど、どうすればいいの?」と聞かれることが増えて、結構需要があるんだな~っと感じました。

なので、今回、コーチの方に許可を得て、ケアンズCityのど真ん中で、素晴らしいコーチとテニスが出来る事をご案内しようと思います。

まず、コーチの名前は、Warwick Jones (ウォリック ジョーンズ)さんで、ニュージーランド出身の素敵な紳士です。

残念ながら日本語は話せませんが、訛りのない綺麗な英語を話してくれますので、少し英語が出来る方なら問題ないと思います。

ウォリックが素晴らしいコーチだと感じるのは、テクニックはもちろんですが、その人柄だと思います。

うちの義弟は特に神経質で、些細な事で癇癪を起したりし、ラケットを投げる事もシバシバ、、、😔

ですが、ウォリックはかなり辛抱強く、けっして語尾を乱さず冷静に義弟が落ち着くように対応してくれます。

最後には必ず笑い話に変えてくれ、義弟を安心させてくれます。

義妹は神経質ではないですが、まだ幼いので退屈から集中力が切れて注意散漫になりやすいのですが、彼はいつも色んな話を振ってみたり、わざと突然おどけてみたりして、義妹の集中力を切らさないようにしてくれます。

そして、上手くできた際は、沢山沢山褒めてくれます。

ただ褒めてくれるだけでなく、どこがどう素晴らしかったか説明し、これが出来るならきっとこれも出来る、と更なるモチベーションをあげてもくれます。

私と夫は癇癪を起した義弟をなだめられない時もありますが、ウォリックが言ったら、あっさり受け入れたりするぐらい、義弟はウォリックを信用しています。

義妹も私が幾ら言っても野菜を食べてくれなかったのに、ウォリックがプロになるにはどんなに食生活が大事かなどなどを説明した途端、少し食べてくれる様になりました。

彼のおかげで、義妹はこのケアンズに滞在中の3か月間で2つのメダルと7個のトロフィーを獲得しました。

一番大きなトロフィーは義妹がヨーロッパに持って帰ってかえってしまったので、この写真には写ってないですが、これ以外にも義妹は地元の新聞にも載りました。

ウォリックは、それを一番喜んでくれた人の一人でした。

彼は間違いなく、素晴らしい技術、人柄を持ったテニスコーチです。

こんな素晴らしいコーチとケアンズの青空の下でテニスしてみたくないですか??

ラケットが無くても予約時にその事を知らせてくれたら、貸出してくれるそうです。

料金はセッション、参加人数によって違うそうですので、ホテルのレセプションもしくはウォリックに直接メッセージまたはメールで確認お願い致します。※最後に詳細を載せます。

最初にも書きましたが、彼は日本語が話せません。彼は英語の先生ではないので、英語を理解出来ない方にどうやって伝えればいいかを知りません。なので、英語が全くダメな方にはお勧めは出来ません。それだけはご注意下さい。

もし少しでも英語が出来るなら、彼の英語はかなり分かりやすいと思うので、是非、ケアンズにお越しの際は、観光だけでなく、ちょっと人とは違ったこういったアクティビティも楽しんで頂けたらと思います。

Warwick Jones - Professional Tennis Coach
FBで予約可能、メッセージを送って質問も出来ます。メールアドレスもそちらで確認できます。FBのリンクはこちら
場所/Rydges Esplanade Resort Cairns(詳しくはこちら

ここまで読んで頂きありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

オーストラリアランキング

新しいミシンと手仕事話

義家族がヨーロッパに帰ったので、私もやっとゆっくり自分の時間が持てるようになり、手仕事を再開しました。

まずは、新しいミシンを買ってしまいました!!

JANOME HD9 Professional

今までBrotherのミシンを使っていたのですが、分厚くなってしまう財布などを作るにはパワー不足だったので、思い切ってこちらのジャノメのミシンを買ってしまいました、、、!!

ジャノメは日本のメーカーなので、日本のサイトで色々調べてたのですが、日本国内製品と海外用の製品と分けているようで、日本のサイトで見付けた商品はこちらでは買えませんでした。

近くのクラフトショップで色々聞いてみても、今まで持っていたBrotherのミシンと大差がない物しか買えず、仕方なくネットで購入しました。

ブリスベンにお店があるJanome Sewing Centreのネットショップで購入しましたが、購入前にミシンについて色々質問したらかなり的確に答えてくれましたし、私の使い方ならどのミシンが良いなど説明してくれて信頼出来ると思いました。

オーストラリア在住でミシンをご購入予定なら、是非こちらに相談される事をお勧めしますよ!HPはこちら

ビックリしたのはジャノメの発音。

「ジャノゥミ」って発音されてびっくりしました。

そうか、、、最後はmeだからか、、、オーストラリア英語だと「ミ」になるんだ💦

本当はJUKIが欲しかったのですが、予算不足です、、、、このジャノメでも軽く予算をオーバーしましたが💦

ちなみミシンは日本でしか通じません。

ミシンは英語で「Sewing Machine(縫う機械)」と言い、マシンの部分が伝来する時に日本人には「ミシン」に聞こえたのが由来らしいです。

それはさて置き、届いたミシンで早速色々試しに作ってみましたが、快適です!

分厚くなるところも問題なく縫える!!縫目も綺麗!

Brotherのミシンとはパワーが全然違う。まぁ値段が全然ちがいますからね、、😅

お義母さんに作っていた財布の在庫を全部あげてしまったので、この機会に色々なパターンの財布を考察中です。

ちょっと細めの長財布。

もう少しカードが入った方が良いですよね、、、、💦

ジッパーの向きも間違えた、、、!!まぁこれは試作品ですので、、、

薄めの長財布。

お義父さんに作って欲しいと頼まれたマネークリップと小銭入れが付いたカードケース

なかなか難しい、、、色々試作品を作って大きさ等々を調節中です、、。

もちろん、無くなった在庫を補充する為にも色々作成準備中。


私のWeb shopにも載せたいのですが、色々あって写真が撮れないので、まぁカメラが直ってから、頑張りたいと思います。

今の所、手作りアクセサリーしかアップ出来ていませんが、もし宜しければ是非私のWeb shop、Te Crafted(リンクはこちら)をご覧ください。

ここまで読んで頂きありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

オーストラリアランキング

愛情表現の違い

うちの義妹は毎日、沢山の「I love you」をくれます。

朝、起きてから髪の毛を梳かしてあげてる時、トレーニングに連れて行った時、寝る前等々に私の名前を呼んで「I love you」と言ってくれます。

日本人の私には少し恥ずかしく擽ったい気持ちになる時もありますが、正直嬉しい気持ちが勝ります。

言われる度に「義妹が愛おしい」気持ちでいっぱいになります。

この場合の義妹の「I love you」は日本語にするなら「大好き!」だと思います。

そして、夫も毎日、沢山の「I love you」をくれます。

夫と付き合い始めた時、私は日本人以外には韓国の方としか付き合ったことがなく、韓国人と日本人はほぼ同じ文化なので、あまり違いは感じなかったのですが、ヨーロピアンの夫の愛情表現は私の知っているそれとは全く違い、恥ずかしい気持ちになる事が多かったです。

ヨーロピアンのパートナーをお持ちの方なら誰でも思われるかも知れませんが、愛情表現がかなりストレート。

どこでもいつでも「I love you」、キス、ハグ。

最初の頃は、同じ様に夫に「I love you」を返す事が出来ず、不満を言われた事もあります。

日本でウン十年間、あまり愛情表現をしない文化で生きていたので、はっきり言ってどうするかも分かっていなかったのです💦

私は夫に「私は愛情表現をする文化で育ってないから、どうするべきか分からない」と正直に話し、夫も理解してくれ、「こう言う場合はハグして欲しい」など、その都度説明してくれる様になりました。

オーストラリアの愛情表現もヨーロピアンのそれとほぼ同じでかなりストレート。

なので、流石に今では慣れて夫に「I love you」を返す事が出来るようにはなりました。

ですが、今でもかなり照れる事は避けられません、、、。

日本ではどちらかと言うと、愛情表現は人前ではしないという文化だと思います。

私はそれが悪い事だとは思いません。

表現しないからと言って愛情が薄いと言う事ではない、とその文化で育った私は知っているからです。

その国独自の文化を他に合わせる必要はないと思っています。

ただ、それはもちろん、同じ文化を共有してる場合のみです。

私はケアンズで沢山の日本人同士のご夫婦を知っていますが、あまり愛情表現をされるご夫婦にはお会いした事がありません。

私はそれでいいと思います。

同じ文化を共有されているのですから、無理にオーストラリアに住んでるんだからと変える必要はないと思います。

愛情表現をされてなくても、私にはどのご夫婦も深い絆がある事が分かります。

今でこそ、夫もそれが理解出来るようですが、昔は「なんで特に日本人は愛情表現をしないの?」と疑問だらけでした。

私と夫は違う愛情表現の文化でしたので、沢山話し合いました。

今は、お互い違いを理解していますので、私がハグしない時などは「友達の前だと嫌なのかな?」と状況で判断してくれる様になりました。

私も夫の文化を理解していますので、出来る範囲で表現しています。

先日、遂に義家族はヨーロッパに帰ってしまいましたが、義家族にも愛情表現をするように心がけています。

特に義妹には出来る限り「I love you」を言うようにしています。

いつもそれはそれは可愛い笑顔で「I love you too!」と返してくれます。

大きくなってしまった義弟には言いませんが、それでもたまにハグしてあげると嬉しそうにハグし返してくれます。

いかに彼らにとって愛情表現をする事が大事なんだなっと感じます。

義妹はヨーロッパに帰る前夜、私の部屋に来て「 I'm going to miss you」と抱き締めてきました。

愛情を表現する事って、良いな、、、っと思いました。

私は日本のあまり愛情を表現しない文化を別にそれでも構わないと思います。

ですが、もしあなたの大事な人が愛情を表現する文化の方なら、是非してあげて欲しいと思います。

「いちいち言わなくてもわかるだろう」という考え方自体が彼らには無いのですから。

ここまで読んで頂きありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

オーストラリアランキング

聞き取れない英語

オーストラリアは移民の国ですので、世界中から様々な民族の方が移住してきています。
そして、それぞれの方がそれぞれの英語のアクセントを持っています。

私もやっぱり日本人独特のアクセントがあるので、たまに「ごめん、君のアクセントには慣れてないからゆっくり喋って」と言われることもあります。

よくオーストラリアの英語は訛っているから難しいと言われますが、私はオーストラリアで英語を学んだので、正直言ってオーストラリア英語は聞き取りやすいです。

とは言え、特にケアンズはかなり強めのオーストラリア訛りの人も多いので、オーストラリア英語に慣れてる私も「え!?」ってなる時はありますが、、、💦

それでも何言ってるかは分かっていたんです。

が、つい先日、水道が壊れたので、水道屋さんが修理に来たのですが、、、、

まっっったく!!!聞き取れない!!!

「これは英語なの??!!😨」

Pleaseと言ってるのは分かる。だから多分英語、、、。

ゆっくり言われても全く分からん、、、。

久しぶりに夫に助けを求めました。

最近は英語でそんなに困ったこともないし、日本人じゃない友人とも障害なく話せてるから、私の英語も上達したものだわ~な~んて調子にのってたのかな~私、、。

と、落ち込んでいたら、夫に「久しぶりに聞いたわ、あの訛り。初めてだったんでしょ?強いブリティッシュアクセント」と。

あれが噂のブリティッシュアクセント!!

一度、知り合いの方に「ブリティッシュアクセントは聞き取りにくい」と言われて、私にはイギリス人の友人が居て、聞き取りづらいと思った事がないので、軽く聞き流していたのですが、、、これか!!😵

かなり強い訛りのあるブリティッシュアクセントだったそうですが、夫は1年程、イギリスに住んでいた事があるので理解出来るそうです。

とは言え、英語は英語。

聞き取れなくて、本当に恥ずかしかったです。

最近、日本のドラマにハマって日本語ばっかり聞いてたしな~~~😥

漫画もアニメも日本語で見てるし、、、。

もっと英語頑張らないと、と改めて思いました。

ちなみに水道修理は部品が足りず、修理完了できてないので、もう一度来るらしいので、夫には「あの人は特殊な例で、あんな訛りはめったに聞かないから気にしなくていい」といわれましたが、その時にもう一度、聞き取りチャレンジしたいと思います。

ここまで読んで頂きありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

オーストラリアランキング

Clifton Beachでのんびり

お友達からランチBBQに誘われたので、久しぶりにClifton Beach(クリフトンビーチ)に来てみました。

相変わらず綺麗な場所です。

この日は少し風が強かったですが、それも心地いい、、、。

観光地として有名なPalm Cove(パームコーブ)まで砂浜が続いていて、遠いけど歩いていけます。

Palm Cove沖にある、Double Island(ダブルアイランド)も綺麗に見えます。

あの島には豪華なリゾート施設があるらしいです。

私は行った事がないので何とも言えませんが、凄いらしいです。

ご興味のある方はこちら(英語)。

「豪華らしい」と噂は聞くのに、情報がとっても少なく、私の周りでは誰も行った事がない不思議なリゾートです。

どなたかトライされた方がいらっしゃったら、ぜひ感想が聞きたいです!

それはさて置き。

このClifton Beachには何ヵ所かBBQポイントがありますが、私のお勧めは海に向かって一番左端にあるこちらのポイント。

子供連れだとBBQポイントのすぐ隣がプレイグラウンドになっていて便利です。

結構広いプレイグラウンドです。

すぐそばに駐車場(無料)もあります。

ちなみに写真を撮っていませんが、トイレもすぐそばにあります。

BBQグリルはこちら。もちろん無料です。

私が使ったのはこちらですが、ここ以外にも3か所、すぐそばにBBQグリルがあります。

ちなみに日本のラジオに出演させて頂いた時にもご案内したのですが、オーストラリアではBBQの事をBarbie(バービー)と言います。

最初にそう言われた時は、正直言って「???人形の事ですか、、、??!」となりました💦

オーストラリアのスラングはこういう言い方が多いので、その内慣れましたが。

例えば、
sunglasses(サングラス)をsunnies(サニーズ)
vegetables(ベジタブル、野菜)をveggies(ベジーズ)
mosquito(モスキート,蚊)をmozzie(モジー)
kindergarten(キンダガーデン、幼稚園)をkindie(キンディ) などなど。

口に馴染みやすいのか、最後が「ie」になるパターンが多い気がします。

このパターンではない、一番ビックリしたのはオーストラリアのスラングではThank youをTa(タァ)という事です。

お土産屋さんで働いてた時にお客様に言われて「え?!」って思わず言ってしまいました💦

のちにThank youの事だと夫から聞いて、どんだけ省略したいんだか、、、っと思ったものです😅

また話が逸れてしまいましたが💦💦

こんなに日差しが強い日でも、屋根の中に入っちゃえば心地良いですよ。
こちらのClifton Beachは、余り観光の方が訪れないビーチなので、早めに来て場所取りなどしなくても比較的空いていて、人も少ないのでのんびり出来ます。

私と友人はこの日はのんびりと、お互いで持ち合った物でBBQをしながらお喋りを楽しみました😊

有名な観光地のPalm Coveも素敵ですが、すぐ隣のClifton Beachはこんなに自然が一杯でのんびり出来ます。

宜しければPalm Coveに行くついでにでも訪れてみて下さい😉

場所はこちら⬇。

ここまで読んで頂きありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

オーストラリアランキング

久々のオーストラリアの洗礼

久しぶりにやられました…… 朝起きたら水が出ない…… ちゃんと支払いもしてるし、万が一にも水が止まるならお知らせがくるはずだけど、それもなかった。 ケアンズでは最近、道路工事が多いから何かあったのかもしれないとネットで情報を調べてみたけど、特になし。 私は水の元栓とかがよく分から...