ケアンズでテニスがしたいなら

義妹は本当にプロのテニスプレイヤーになりたいので、ケアンズに滞在中、ほぼ毎日テニスのトレーニングを受けていました。

私ももちろん、その夢を応援していますので、そのトレーニングに付き合っていました。

義妹が慕っているコーチの方がRydges Esplanade Resort Cairnsと契約しているコーチの方でしたので、そのホテルにあるコートでトレーニングを受けていました。

流石、大手のホテルですので、綺麗です。

義妹がトレーニング受けていたのは7,8月だったので、観光客の方も沢山いらっしゃいました。

皆さん不思議そうに「これは何しているの?」と私に聞いてこられました。

その内の一人の方に「どうしたらこのトレーニングを受ける事が出来るの?」と聞かれ、コーチの方に確認したら、ホテルのレセプションでも予約出来るとの事。

その後、義妹のトレーニング中に色んな方に「このコーチの人とテニスしてみたいんだけど、どうすればいいの?」と聞かれることが増えて、結構需要があるんだな~っと感じました。

なので、今回、コーチの方に許可を得て、ケアンズCityのど真ん中で、素晴らしいコーチとテニスが出来る事をご案内しようと思います。

まず、コーチの名前は、Warwick Jones (ウォリック ジョーンズ)さんで、ニュージーランド出身の素敵な紳士です。

残念ながら日本語は話せませんが、訛りのない綺麗な英語を話してくれますので、少し英語が出来る方なら問題ないと思います。

ウォリックが素晴らしいコーチだと感じるのは、テクニックはもちろんですが、その人柄だと思います。

うちの義弟は特に神経質で、些細な事で癇癪を起したりし、ラケットを投げる事もシバシバ、、、😔

ですが、ウォリックはかなり辛抱強く、けっして語尾を乱さず冷静に義弟が落ち着くように対応してくれます。

最後には必ず笑い話に変えてくれ、義弟を安心させてくれます。

義妹は神経質ではないですが、まだ幼いので退屈から集中力が切れて注意散漫になりやすいのですが、彼はいつも色んな話を振ってみたり、わざと突然おどけてみたりして、義妹の集中力を切らさないようにしてくれます。

そして、上手くできた際は、沢山沢山褒めてくれます。

ただ褒めてくれるだけでなく、どこがどう素晴らしかったか説明し、これが出来るならきっとこれも出来る、と更なるモチベーションをあげてもくれます。

私と夫は癇癪を起した義弟をなだめられない時もありますが、ウォリックが言ったら、あっさり受け入れたりするぐらい、義弟はウォリックを信用しています。

義妹も私が幾ら言っても野菜を食べてくれなかったのに、ウォリックがプロになるにはどんなに食生活が大事かなどなどを説明した途端、少し食べてくれる様になりました。

彼のおかげで、義妹はこのケアンズに滞在中の3か月間で2つのメダルと7個のトロフィーを獲得しました。

一番大きなトロフィーは義妹がヨーロッパに持って帰ってかえってしまったので、この写真には写ってないですが、これ以外にも義妹は地元の新聞にも載りました。

ウォリックは、それを一番喜んでくれた人の一人でした。

彼は間違いなく、素晴らしい技術、人柄を持ったテニスコーチです。

こんな素晴らしいコーチとケアンズの青空の下でテニスしてみたくないですか??

ラケットが無くても予約時にその事を知らせてくれたら、貸出してくれるそうです。

料金はセッション、参加人数によって違うそうですので、ホテルのレセプションもしくはウォリックに直接メッセージまたはメールで確認お願い致します。※最後に詳細を載せます。

最初にも書きましたが、彼は日本語が話せません。彼は英語の先生ではないので、英語を理解出来ない方にどうやって伝えればいいかを知りません。なので、英語が全くダメな方にはお勧めは出来ません。それだけはご注意下さい。

もし少しでも英語が出来るなら、彼の英語はかなり分かりやすいと思うので、是非、ケアンズにお越しの際は、観光だけでなく、ちょっと人とは違ったこういったアクティビティも楽しんで頂けたらと思います。

Warwick Jones - Professional Tennis Coach
FBで予約可能、メッセージを送って質問も出来ます。メールアドレスもそちらで確認できます。FBのリンクはこちら
場所/Rydges Esplanade Resort Cairns(詳しくはこちら

ここまで読んで頂きありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

オーストラリアランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿

ケアンズCityのケーキ屋さんと感謝のディスプレイ

ケアンズCityに新しいケーキ屋さんが出来たと聞いたので、甘いもの大好きな夫にせがまれて行ってきました。 Ah-Room 所々にハングル文字があったので、コリアンのオーナーさんのお店なのかな?と思っていましたし、店員さんも店内のお客さんと韓国語で話していたので、英語で注文しようと...