ケアンズでワーキングホリデー:旅行編

仕事でお金が貯まった頃、ワーキングホリデーのみんながそろそろ他都市に移動しようか考え出すかと思います。



私もケアンズに慣れ始めた頃、あんなにケアンズから動く気はないと思っていたのに「他の都市も見てみたいな〜」っと思い始めてしまいました。

既に他都市に移動した友人、ファームで働き出した友人などから「こっち良いよ〜おいで〜」っと言われる時期でもあると思います。

私は色々な事情でワーキングホリデーは1年と決めていたので、ファームにはそんなに興味はなかったのですが、他都市にはかなり惹かれ始めていました。

※ちなみにセカンドビザを取りたい方は早めにファームに行く事をお勧めします。3ヶ月間だけ働けば良いからと後回しにすると、なかなかファームが見付けられなかったり、仕事が無く、シフトに入れてもらえず日数が足りなくなったパターンを何度も見てきましたのでお気を付け下さい!

家族の様に感じていたシェアメイトもほぼ皆、移動を決心しており、それも私を後押ししました。

そんな時に誘われたタスマニア旅行。

一生の思い出になりました。

ポート・アーサー(植民地時代の流刑因の監獄跡)
こちらは夜になるとゴーストツアーをしており、参加しましたが、、、めちゃめちゃ怖かったです😱ちなみにここはルパン三世のカリオストロの城の伯爵の城のモデルになった所らしいです。

The Ross village Bakery : 有名な魔女の宅急便のモデルになったと言われているパン屋


こちらはB&Bもしていて、キキの部屋に泊まりました。ジジは置いてありました😓
泊まる際は、ベッドバク(南京虫)が居ないか必ず確認してからこのベッドに寝て下さい。私の時は居ました!!!エラい目にあいますよ!

マライアアイランド この島にはお店はありません。必ず食料、水は買って行きましょう。大自然が楽しめる素晴らしい所です。野生動物もいっぱい居ます!キャンプも出来るそうですよ。私達は日帰りで行きました。


こんな感じで友達6人でタスマニアを2週間位掛けてまわりました。

全てが初めての経験ばかりで、本当に行って良かったと今でも思っています。



ただ私の場合、やっぱりケアンズが良いな〜っと思ってしまい、本当はもう少しタスマニアに住むつもりでしたが、1ヶ月間滞在しただけですぐにケアンズに帰ってしまいました💦

ケアンズに帰る途中にメルボルンにも寄りました。

メルボルンも素敵な所でした。
大都会の中に古い建物があり、ヨーロッパの様な町並みです。

が、私にはケアンズののんびりした環境が恋しくて恋しくて堪らなかったです。

私はその後ケアンズに戻り、そのままずっとケアンズに居ました。
旅に出たからこそ、ケアンズの良さを更に知る事が出来ました。


他の友人達は、そのままタスマニアに残ったり、たまたま降りたメルボルンが気に入ったり、誘われたファームにはまったり、シドニーでシティライフを楽しんだりと本当に色々でした。

ケアンズで出会った、ご夫婦でワーキングホリデーに来られてるお二人は、『水曜どうでしょう』のオーストラリア縦断を見て、同じ事をしたいから来たと仰ってました。

実際に縦断されて、後に写真を見せて貰いましたが、素敵でした!



ワーキングホリデーは1年間何でも好きに出来るビザです。
是非、他都市での生活(旅行)にもチャレンジしてみて下さいね。



これで「ケアンズでワーキングホリデー」は終了です。

オーストラリアはワーキングホリデー協定国の中で、比較的人気の国です。
ただ、人気のある都市はシドニーやメルボルンなどの大都市に集中するかと思います。

ケアンズも良い所です!!これからワーキングホリデーを考えてる方などいらっしゃったら、是非ケアンズに来て欲しいと思って書きました。少しでもお役に立てれば幸いです。



これからはのんびりしたペースで私の現在のケアンズ生活をお届けしたいと思います。



ここまで読んで頂きありがとうございます。
 

にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. 去年の12/23~ケアンズ発上陸しました!本当に悲しいくらいに毎日雨でしたが..キュランダとアウターリーフへは行けました.とてものんびりとして私も気に入ってしまいました!また行きたいなと思っています.

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!年末はどうしても雨季に被ってしまうので、雨の日が多くなってしまいます、、、、。是非懲りずケアンズにお越し下さいね!

      削除

ケアンズCityのケーキ屋さんと感謝のディスプレイ

ケアンズCityに新しいケーキ屋さんが出来たと聞いたので、甘いもの大好きな夫にせがまれて行ってきました。 Ah-Room 所々にハングル文字があったので、コリアンのオーナーさんのお店なのかな?と思っていましたし、店員さんも店内のお客さんと韓国語で話していたので、英語で注文しようと...