理系、文系の考え

たまたま日本のニュースサイトを見ていたら、こんな適正診断を見付けました。

「雪が溶けたら何になる?」

私の答えは1つしか無く、何?この当たり前の質問 っと思いました。

みなさんのお答えはどうでしょうか?
ちなみに私は瞬時に「春になる」でした。

結果を見ると答えは2通りで、私の答えは典型的な文系タイプだそうです。

もう1つの答えが「水になる」で、典型的な理系タイプの人の答えだそうです。

”氷”ではなく”雪”と限定してる時点で”春”でしょ!!っと思ったので「水なんて答える人は居ない!」と思い、夫にも聞いてみました。

夫は普通に「水になる」っと答えたのです!!
私がビックリするので、夫が「なに?他に答えがあるの?」と聞いてきたので、こんな記事があって〜、と説明すると

「なんで理系文系に分けるの??」っと!!

夫曰く、「自分の国だけでなく、ヨーロッパでは理系文系で区別する事はない」との事です。

よく考えてみたら、私はこちらの学校に通っていた義弟・妹の面倒をみてましたが、そんな区別聞いた事なかったです、、、。

アメリカに行った義弟も「そんな区別はない」との事。

日本て高校生ぐらいの時に理系文系でクラス分けませんでした??古い考えですか?!😓

普通の会話で理系文系使いますよね?!😳💦

夫から「何で可能性を制限するの?何でなんでも分けようとするの?」と質問攻めにあいました、、、💦

一応、私の学生時代の話をし、大学の専攻などの説明をしました。

しかし「やっぱり理解出来ない」との事です💧

ただ、何でも論理的に考え、答えが1つでない質問などにイライラしがちな夫は典型的な理系の人だと私は思いますが、、、。「水になる」と言う答えにもちょっと納得。

そして、文系大学出で計算などが苦手な私は、典型的な文系の人だと自分で思います。

とは言え、こんな質問くらいでは人を理系文系に分ける事など出来ないと思いますので、お遊び程度にお考え下さい😅



語学学校の友人(アジア人)とは理系文系の話をした事があるので、日本だけでの区別ではないと思いますが、余り一般的ではないようです。


ここまで読んで頂きありがとうございます。 

にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

ケアンズCityのケーキ屋さんと感謝のディスプレイ

ケアンズCityに新しいケーキ屋さんが出来たと聞いたので、甘いもの大好きな夫にせがまれて行ってきました。 Ah-Room 所々にハングル文字があったので、コリアンのオーナーさんのお店なのかな?と思っていましたし、店員さんも店内のお客さんと韓国語で話していたので、英語で注文しようと...