ネズミとの格闘 その後

先日、友人に「それからネズミどうなったの?」と聞かれて思い出しました。

あ、その後の事書いてないなっと💦

ちなみに前回書いた「ネズミとの格闘(現在進行形)」の記事はこちらです。

その後ですが、餌をピーナッツバターにしても捕まらず。

音も聞かなくなったので、やっぱり屋根裏に罠を仕掛けるときに音を立てたから逃げたのかな?と思って安心していたのですが、、、、

最近、また音が聞こえてきたような、、😓

上の写真はイメージ写真ですが、いつかこんな風に家の中に入ってきてしまっても困るので、格闘再開です。

また音を立てたら出て行くんじゃないかと軽く考えていたのですが、動物に詳しい友人は「ネズミは賢い動物だから、危険がないと判れば、その内音に慣れてしまうよ。捕まえたほうが絶対良い」との事。

いくら私がネズミ科の動物が好きとは言え、やっぱり野ネズミにどんな菌があるか判りませんからね😨可哀想ですが、捕まえるしかありません。

一番の不安は、ネズミだったらまだ良いけど、、、ネズミ以外の動物だったらどうするんだろう?!って事です。

ケアンズに限らず、オーストラリアは昔から世界でも最も危険な蛇が多く生息する国として有名です。(写真はイメージです)

私達はたまに夜に近所を散歩するのですが、雨の後などは蛇がいる事もあります💧

初めて見た時は、本当に怖かったです。

今も蛇が怖い事は変わりませんが、見付けることには慣れてしまいました。

ちなみに蛇は無毒・有毒にかかわらず、オーストラリア固有種であれば保護対象です。勝手に移動させたり殺したりする事は出来ません。

なので、基本的に誰かの敷地などにいて、危ないと感じた時以外は「あ、蛇だ」位でそのまま放置しています。

一度だけ、ご近所さんの敷地内に2メートル級のがいた時は、さすがに家の方に伝えました。

家の方も驚いて、専門のSnake catcher(スネークキャッチャー)に電話していましたが、蛇の写真を送ってくれと言われ、送ったら「これは無毒の蛇だから放置してても大丈夫。今、繁殖期だから出てきただけだと思う。」との返事。

夜だったから面倒だったのかな、、、😓

家の方も「まぁ無毒ならいいかな」っと。

凄いな、、、オージー、、、蛇に慣れてるな~っと感じました。

とは言え、無毒か有毒か判らないなら自分で判断せず、専門のSnake catcherに電話して確認した方が良いと思います。

無毒の場合でも子供やペットなどが襲われる事もあるかも知れませんので、敷地内にいるなら、私は出来れば専門の人に捕まえて貰って何処か蛇にとっても安全な場所に移動させた方が良いんじゃないかと思いますが。

ちなみに捕獲してもらうのはもちろん有料です。

私は捕まえて貰った事がないので判りませんが、ネット情報では大体A$100 - A$200だそうです。

危険だからなのでしょうが、、、まぁまぁの金額ですよね💦


話がズレてしまいましたが、最近聞こえた音が足音ではない気がするので、、、、蛇だったら、、、、😱😱💦

怖いですよね、、、。

オージーの友人は冗談だとは思いますが「蛇だったらネズミ食べてくれるし、ネズミより捕まえやすいからラッキーだよ!」っと、、、😓

私は足が多い動物と足がない動物とは戦えないので、夫一人で頑張って貰おうと思います。

再び違う所にピーナッツバターの罠を仕掛けてみて、捕まらないのに屋根裏から音が聞こえたら、、、、

蛇なのかも!?もしくはそれ以外の動物?!

さすが、自然豊かなオーストラリア、、、動物もいっぱいです💦

まだまだ格闘は続きそうです。

ここまで読んで頂きありがとうごいざます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

ケアンズCityのケーキ屋さんと感謝のディスプレイ

ケアンズCityに新しいケーキ屋さんが出来たと聞いたので、甘いもの大好きな夫にせがまれて行ってきました。 Ah-Room 所々にハングル文字があったので、コリアンのオーナーさんのお店なのかな?と思っていましたし、店員さんも店内のお客さんと韓国語で話していたので、英語で注文しようと...