シェアメイトについて①

私はワーキングホリデーの1年間と学生ビザの2年間の合計3年間、シェアハウスで過ごしました。

今回はその時の思い出を少し書きたいと思います。

私は、本当に幸運な事に素晴らしいシェアメイトに恵まれました。

ワーキングホリデーの時もとても良い関係が築け、10年以上経った今でも交流があります。

今でもみんなの事を家族のように思っています。

そして学生ビザで滞在していた時も本当に良いシェアメイトに恵まれました。

私以外は、皆ワーキングホリデーで、しかも20代前半が殆ど。うち一人はなんと19歳!!

1人だけえらく歳上の私でしたが、皆気にせず本当に仲良くしてくれました。

シェアハウスは通常入れ替わりが激しく、学生ビザでない限り大概3ヶ月位で去って行ってしまうものです。

ワーホリの子は移動したいですからね。

私は学生ビザでしたので、初めの1年間それを寂しい気持ちで見ていました。

がしかし、ワーホリなのに「移動しない!ずーっとケアンズに居る!」と言う子達がシェアハウスに来たのです。

1人はとても可愛いXちゃん。

もう1人は末っ子モード全開のS君。

2人とも元々知り合いでもなんでもなく、偶然同時期に私が住んでいたシェアハウスに来て、どちらも本当に移動せず、約1年間一緒に暮らしました。

正直、もし彼らに出会ってなければ、私は永住権を諦めていたかもしれない。

私が一番ビザで悩んでいた時に、本当に一番支えてくれた人達です。

料理が出来ないS君のため、私とXちゃんは良くご飯を作ってあげていました。

Xちゃんの得意料理は焼うどん。

私は大概、粉もんかパスタ。

S君はいつも遠慮など全然せず、豪快に食べて「旨い!」と言ってくれる、母性本能をくすぐるずるい子でした(笑)

家事が何も出来ないS君を息子のように可愛いと思っていました。

他のシェアメイトとも良くご飯を一緒に食べたけど、この2人とはほぼ毎日一緒にご飯を食べていました。

で、そのまま誰かが寝ようと言い出す迄、ず〜っと一緒に話していました。

最初の頃、Xちゃんは全然仕事が見付からず、私が学校から帰ってきたら目を腫らしてリビングに居る事もしばしば、、、。

部屋に居ないで、リビングに居ると言う事は、話がしたくて私が帰ってくるのを待ってたんだな〜と思って、荷物もそのままにいっぱい話をしました。

Xちゃんは基本的にポジティブなので、話してるうちに気持ちも持ち直し、最後にはいつも通りの満点笑顔になってくれました。

私は彼女のその飾らな性格がとても大好きです。

学校の課題に疲れ、当時働いていたお土産屋さんも売上げが良くないとサポートしてくれるかどうか判らず、神経をすり減らしていた時、家に帰ったら2人がリビングに居て笑顔で迎えてくれる事が本当に救いになっていました。

いつも2人が言ってくれる「大丈夫」「何とかなる」は魔法の言葉でした。

荒んだ気持ちがどんなに癒された事か。

その後、Xちゃんは無事にケアンズで仕事を見付け、S君も苦労しながらも最後はちゃんと良い仕事を見付けていました。

どんなに忙しくなっても夜には必ず2人ともリビングに居て、飽きる事なく色んな事を話しました。

こんな素敵な2人と一緒に1年間も過ごせた事は、本当に幸運だったと思います。

ですが、同時期に来た2人はやはり同時期に去ってしまうので、その日が来る事がとても辛かったです。

その当時、私は既に現夫と付き合っていましたので、その話をしていたら「そう言う事なら、うちに引っ越しておいで」と言われました。

2人が去る事がきっかけで、夫と一緒に暮らす事になったのです。



2人が日本に帰る前に一緒にFitzroy Island(フィッツロイ島)にも行きました。

私はその前に一回海で溺れかけたので(その時の記事はこちら)現夫はわざわざシェアハウスに来て、S君に「君はどのくらい泳げるの?彼女、溺れるかもしれないから注意してて」と言っていました😓

最後の3人での旅行。

とても楽しいと同時に切ない気持ちにもなりました。


今回、この記事を書くにあたって、Xちゃんから許可を頂きました。

顔が写ってる写真使っても良いよって言ってくれたけど、念の為サングラス付けてるヤツにしたよ〜。

サングラス付けてても十分美人が滲み出てるよ!!💕

この旅行の後、暫くして2人ともシェアハウスを去ってしまいました。

Xちゃんは日本に帰る前に、仕事で貯めたお金でヴィトンを買い、ホクホク。

私は色んなワーホリの子を見てきたけど、貯めたお金を旅行などに使わず、ヴィトンを買っていった子は初めてだったよ、、😅一緒に買いに行けて楽しかった!

S君はまさかの帰国日に寝坊。

私が起こしてなかったら、、、、飛行機乗れなかったね、、、、。

色んな物を忘れて帰国していきました。

2人とも最後まで色んな思い出ありがとう!

S君とは残念ながら、連絡は途絶えてしまったけど、今でもXちゃんとは連絡を取り合う仲。

これからも仲良くしてね😊

住んでる所も年齢も全然違う私達。

ケアンズでなかったら出会えてなかったよ。

本当に出会えた事に感謝💓



ここまで読んで頂きありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

ケアンズCityのケーキ屋さんと感謝のディスプレイ

ケアンズCityに新しいケーキ屋さんが出来たと聞いたので、甘いもの大好きな夫にせがまれて行ってきました。 Ah-Room 所々にハングル文字があったので、コリアンのオーナーさんのお店なのかな?と思っていましたし、店員さんも店内のお客さんと韓国語で話していたので、英語で注文しようと...