サイクロンについて

日本の皆さま、台風大丈夫でしょうか?

被害をニュースで見て、とても心が痛いです。

どうか、これ位なら大丈夫だろうなどと思わずに、出来る限り安全な場所に避難して下さいね。

オーストラリアでもサイクロンが毎年発生します。

毎年そこらじゅうでサイクロンは沢山発生していますが、ケアンズに影響があるサイクロンは2、3年に1度位です。

ちなみに台風、ハリケーン、サイクロンについては、そのどれもが勢力が強くなった熱帯低気圧のことですが、それらの名前の違いは、それぞれ最大風速の基準に違いはありますが、基本的には発生した場所が違うだけだと考えて頂いたら良いようです。

今回、この記事を書くにあたって、ケアンズに影響があったサイクロンについて調べてみました。

下記、2011年に書かれた記事ですので、それ以降も何個かサイクロンが来ているので数字に違いはありますが、この様に記載されていました。

『Since Cairns was founded in 1876, there have been at least 53 cyclones which have had a reported or measured impact on the city.  Cairns comes under the influence of tropical cyclones on average, at least once every two years.  』※全文はこちら(英語)

とても簡単に要約すると、「1876年にケアンズが設立されて以来、少なくとも報告されているだけで53のサイクロンがあり、それはつまりケアンズは少なくても平均して2年に1度はサイクロンの影響がある」との事です。

私はケアンズに住んで11年目になりますが、ケアンズが影響下にあったサイクロンは4回ありました。

ご存知だと思いますが、サイクロンには名前がついています。

私が経験したサイクロンはこちらです。

  • Yasi(ヤシ) 30/1 - 3/2 2011年
  • Marcia(マルシア) 15 - 21/ 2 2015年
  • Ita(アイタ) 1 – 14/4 2014年
  • Debbie(デビィ) 25 - 29/3 2017年

その中で、ケアンズで最も被害が出たのは2011年のYasiでした。

1番サイクロンがケアンズに近づく2011年2/2は、私はまだシェアハウスに住んでいる時期でしたが、その日の夕方にシェアハウスのオーナーが来て、窓全てにテーピングをし、私たちに「避難所に行って、ここは危ない!」と言われました。

避難所って、、、っと考えている間に、当時の彼氏、現夫がシェアハウスに迎えに来てくれました。

私はどこかで「そうは言ってもそんなに酷くないんでしょ」なんて楽観的に考えていたら、現夫に「今日の深夜には電気も水も止まる。君は仕事でなにも用意できてないんでしょ?雨が酷くならないうちに家に戻らないと、道が水没するかもしれないから、早く!!」と本気で急かされて、やっと「え!そんなに危ないの!!」と気付きました。

現夫の家に行くと、お義母さんが大量の買い物を済ませており、義弟たちも窓から離れた場所に避難できる場所を作っていました。

お義母さんに「無事に着いてよかった」と言われ、いよいよ「本当に危ないんだ!」と焦りだしました。

夜になるにしたがって、雨風は激しくなり、夜中には政府からの「緊急避難」の一斉メールがそれぞれに携帯に届き、電気が消え、水も止まりました。

日本でも大型のサイクロンがオーストラリアを直撃とニュースがあったようで、日本に居る母からも「大丈夫?」のメールも届いていたので、現夫に「連絡出来るうちにお母さんに返事しておいた方がいいよ」と言われ、パニックのまま返信した事を今でも覚えています。

後にも先にも、机の下で寝たのは、その時が初めてでした。

幸いにも現夫の家は何の被害もなかったですが、サイクロンが去って外に出るとあらゆるものが散乱し、屋根が破損している家や庭の木々が薙ぎ倒されているのを見て、その被害の大きさに驚きました。

超大型サイクロンでしたが、サイクロンが原因での死者は0人でした。

ですが、ケアンズの一大産業でもある、サトウキビは大打撃を受け、5億豪ドル(413億円)を超える被害だったそうです。

私は日本でも、阪神・淡路大震災を経験しており、如何に自然災害が恐ろしいモノかを知っていたはずですが、この時改めて、自然災害の恐ろしさを再認識しました。

なので、それ以来、サイクロンの時期になるであろう11月頃からは、必ず保存食や飲み水などを用意するようにしています。

もし、その時期にケアンズに来られることがあるなら、必ず天候などを確認する事をお勧めしたいです。

11月頃は雨期なので、雨は仕方がないとは思いますが、サイクロンは別の話です。

サイクロンがケアンズに近づいているのなら、出来るなら日付を変えて、折角のケアンズを楽しんで頂ける時にぜひ来て頂きたいです。

サイクロンでないのなら、雨の時期のケアンズは緑がとても綺麗で、幻想的です。

地震は突然来るので、避けようがありませんが、サイクロンは形成されるまでに時間があり、ある程度予想できるものです。

どうか、ケアンズにもサイクロンが来る可能性が有る事を理解して頂き、素敵なケアンズ滞在にして頂きたいです。

ちなみにこちら(英語)は、ケアンズ市が提供しているサイクロンについての情報です。参考にして頂けると幸いです。

ここまで読んで頂きありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

オーストラリアランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿

ケアンズCityのケーキ屋さんと感謝のディスプレイ

ケアンズCityに新しいケーキ屋さんが出来たと聞いたので、甘いもの大好きな夫にせがまれて行ってきました。 Ah-Room 所々にハングル文字があったので、コリアンのオーナーさんのお店なのかな?と思っていましたし、店員さんも店内のお客さんと韓国語で話していたので、英語で注文しようと...