オーストラリアでのコロナウイルス

最近、本当によく聞かれるので、一度ちゃんと書いておこうと思いオーストラリアでのコロナウイルスについて調べてみました。

今から書く情報は2020/3/2 6時30分にオーストラリア政府から発表されたものです。
※詳しくはこちら(英語)

現在オーストラリアで確認されている感染者は29人でうち10人がダイアモンドプリンセスの乗客で、皆さんもう既に各自の家に戻られて各州の医療を受けているそうです。

また、29人の内訳はケアンズを含むクイーンズランド州では9人、シドニーを含むニューサウスウェールズ州では6人、メルボルンを含ビクトリア州では9人、アデレードを含む南オーストラリア州で3人、パースを含む西オーストラリア州で2人が内訳です。

内15人は既に回復しており、残りの方々も容態は安定しており、残念なことに1人が亡くなられています。

日本でも沢山ニュースになっていた、ダイアモンドプリンセス号には164人のオーストラリア国籍の乗客がおり、そのすべてが14日間隔離された後に各自の家に戻られています。164人のうち10人が陽性反応が出て、79歳の男性が残念ながら亡くなられています。

乗客の約6%が陽性で、死亡率が0.6%であったと言う事になります。これを少ないと取るか、多いと取るかは読まれた方次第だと思います。


ちなみにオーストラリア政府からの渡航注意国としては、ハイリスクな国に中国本土、イラン、イタリア、韓国がありました。

また、リスクが上がっている国には上記の国の他に日本、モンゴルも記載されていました。

特にイランと中国本土には「Do not travel to mainland China or Iran」と記載があり、 渡航禁止を促す文章がありました。

オーストラリア国籍を持たない人(永住権保持者は除く)はもし14日以内にイランまたは中国本土に居たならは14日間隔離後でないと入国を認めないそうです。


世界的にみると、コロナウイルスの報告されてる陽性ケースは約88,104で、2,995 が死亡しているそうです。

死亡率としては、世界的には3.4%ですが、中国本土を除くと1.5%になるそうです。

殆どの報告されてる陽性ケースは中国本土であり、約6,689がその他の国(今の所64か国)での報告されてる陽性ケースだそうです。


確かに中国本土以外は少ないと思いますが、これはあくまで報告されているケースになりますので、無自覚で感染している人も沢山いるんだと思うと大変な感染率になりそうですね……。



私も夫も観光業ではないので、直接の被害はありませんが、ケアンズの一大産業は観光業ですので、今回のコロナウイルスは本当にケアンズにとっては大打撃です。

先日、ケアンズCityを夫と歩いていましたが、本当に観光客が少ないです……。

これが続いてしまうと、小さなレストランやお店はあっと言う間に潰れてしまいそうで本当に心配です。

是非ケアンズに遊びに来て下さいと言いたいですが、いくらケアンズは安全とは言え、空港や飛行機内には危険がいっぱいだと思うと、なかなか言い難いです……


ただ、沢山の方に質問を頂きましたが、ケアンズ自体は大丈夫です。

至って平和ですので、ご安心ください!!

※暫く諸事情で忙しくなり、ブログへの投稿が減るかも知れませんが、出来る限り時間を見付けて投稿しようと思いますので少々お待ち頂けると幸いです。

ここまで読んで頂きありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

オーストラリアランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿

ケアンズCityのケーキ屋さんと感謝のディスプレイ

ケアンズCityに新しいケーキ屋さんが出来たと聞いたので、甘いもの大好きな夫にせがまれて行ってきました。 Ah-Room 所々にハングル文字があったので、コリアンのオーナーさんのお店なのかな?と思っていましたし、店員さんも店内のお客さんと韓国語で話していたので、英語で注文しようと...