サイクロンJasper

12/13にケアンズ付近に上陸したサイクロンJasper は当初の予報ではカテゴリー3でしたが、上陸時にはカテゴリー2になっていたので、それなりに酷くはありましたがまぁそれなりだったのですが、その後の方が凄かったです……
熱帯低気圧に変わった影響で豪雨。

ケアンズの雨季に慣れてるはずの私達でも「この雨はヤバい」と思う程の豪雨でした。

排水が全然間に合ってなくて、あっという間に庭が水浸しに💦💦
夫と「このままじゃ中に水が入っちゃうかも」と心配になって、豪雨の中、夫婦で一生懸命雨水が直接排水溝に流れ込む様に、急遽の道筋を作って何とか庭の水を排水しました。
ケアンズに住んでもうすぐで15年目になりますが、こんな豪雨は初めてです。

うちは幸いにも高地にあるのですが、低地にある家や川の付近の家はあっという間に水没してしまったそうです。

仲良くして頂いてるお友達が川のすぐ側に住んでいるのですが、やはり家の中にまで水が入ってしまったようです。

うちからCityに向かうハイウェイは低地にあるので、やっぱりあっという間に水没。

道は全く見えなくなって大きな湖みたいになってました。
上記は通常であればすぐ目の前に道があり、ハイウェイも見える所なのですが、この時はもうただ一面が湖みたいになってました。

建設中の家も1階部分が半分水没。
まぁここに関しては建ててる場所も良くないとは思いますが……

ちなみにこの写真を撮った時は、上記で書いた友人が身動き出来なくなったと聞いて何とか救助に行けないかと夫と水没してない道を探していました。

見ての通り、ボートがないと救助に行けないと分かり諦めるしかありませんでした。

途中で連絡が取れなくなって心配していましたが、友人は家に水が入ってしまったものの、ご家族皆さん無事と連絡があってほっとしました。

我が家では1日停電になった程度の被害で済みましたが、ケアンズ空港近くやMachans BeachからYorkeys Knobの沢山の家が水没して本当に大変だったそうです。

ケアンズで家々が水没すると言う事は、本当に本当に怖い事なのです。

何故ならBarron Riverにはワニがいますから。

これは全く冗談ではなく、本気でケアンズ近郊の川、海にはワニが沢山いて危険なのです。

ワニがこんな泥水の中に紛れ込んでると思ったら……!

いや本当に、救助されるまで怖かったと思います。

ちなみに今回、私が書いたのはあくまでケアンズ近郊だけですが、Port DouglasやMossmanはもっと深刻な被害が出てるようです。

ケアンズもそうですが、Port DouglasやMossmanもこれからのクリスマスシーズンで稼ぎ時と言われる時期なのに……観光業が大打撃を受けてしまいます……

今日(12/19)のケアンズはやっと晴れてますので、この隙に水没した道の復旧などを何とか頑張って貰って、またすぐに沢山の方にケアンズを楽しんで貰えるようになればいいなと思います。

サイクロンの最中にこちらに来られた方も沢山いらっしゃったと聞きましたが、どうかこれに懲りずに是非またケアンズにお越しください!!

最後に豪雨を心配そうに眺めるKittyをご覧ください。
ここまで読んで頂きありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ

にほんブログ村 

2 件のコメント:

  1. コメント失礼します。
    サイクロンからいち早く復興することを願っています。

    現状、ケアンズの観光はどのような状態でしょうか?キュランダやグリーン島などもやはり被害は大きいのでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      ケアンズは只今、晴天続きで急速に復興が進んでいます。
      今日、ケアンズCityまで行ってみましたが、道もほぼ通常通りでした。Kurandaはスカイレールは既に通常通りですが、鉄道は残念ながら休止しています。
      グリーン島も直後は水が少し濁っていると聞きましたが、今はもう通常通りです。もし、ケアンズに来られる予定がありましたら、ほぼ問題なく楽しんで頂けると思います。是非、お越し頂けたら嬉しいです。

      削除

ケアンズCityでお気に入りのカフェ

ひたすら手仕事をしていたら、既に6月になっていてビックリしております。 ケアンズはすっかり朝夜は寒くなってしまい、疲労も相まって風邪を引かないように気を付けなくてはと思っています。 昼は暖かいですが、この時期のケアンズは朝夜は14℃位になる日もありますので、来られる方は絶対に上着...