ケアンズで運転する際の注意(携帯電話編)

2020年2月1日からケアンズを含むクィーンズランド州では運転中における携帯電話の取り扱いについてルールが大きく変わりましたので、ご案内したいと思います。

休暇などでケアンズに来られる方はご注意頂きたいと思います。

まず、その前にオーストラリアの簡単な運転免許証について説明したいと思います。

オーストラリアでは一般運転免許証/オープンライセンスが取れるまで、日本で言う若葉マークの様なプレートを車に貼って、それぞれの運転免許証の種類を表示する必要があります。

初めはLearner licence

オーストラリアでは16歳から運転することが出来ます。簡単なオンラインテストに合格したらLearner licenceと言われる、所謂日本での「仮運転免許」と同じような免許が貰えます。その免許証を持っている人が車に貼るLプレートがこちら。※詳しくはこちら(英語)

この免許証には沢山の縛りがありますが、一番の違いは、一人では運転してはいけない事。必ず、オープンライセンス保持者の方が隣に座り、その人が全責任を取る事になっています。私は義弟がLプレート保持の時によく「隣に座って!」と言われて乗っていましたが、めちゃ怖かったです、、、、💦

次はP1 provisional licence

Learnersライセンスの方が最低1年間、100時間以上運転していれば、実技の試験を受けて獲得できるのがP1ライセンスで、そのライセンス保持者が表示するのが赤いPプレートでこちらです。※詳しくはこちら(英語)

こちらのライセンスから1人で運転することが出来ますが、夜の11時以降は2人以上の、直家族ではない21歳以下の人を乗せてはいけないと言うよく分からないルールがあります。この直家族ってのは、家族の結婚関係でできた家族とかは駄目っていう意味らしいです。
なので、義弟がこのライセンス保持の際には「あれ?君は良いんだっけ?」と聞かれたことがあります。もちろんその時、私は21歳以上ですので問題なく乗せて貰いました。

その次がP2 provisional licence

18歳以上でP1ライセンスを1年間以上問題なく持っていたら、Hazard Perception Testと言う、運転している人のビデオを見ながら事故にならないためにはどうするか、みたいなテストをして合格したらP2ライセンスを獲得でき、そのライセンス保持者が表示するのが緑のPプレートでこちらです。 ※詳しくはこちら(英語)

このライセンスはオープンライセンスと呼ばれる一般免許証とほぼ変わりありませんが、大きく違うのは絶対にお酒を飲んではいけないという点です。

何度も書いてますが、オーストラリアではオープンライセンス保持者の方は血中アルコール濃度が0.05より低ければ運転して良いという謎のルールがあります。
私は飲んだら決して運転しませんが、こちらでは結構、飲んでも運転している人がいますが、P2ライセンス保持者の方絶対飲んではいけません!!もちろんLもP1もですが!

で、このP2ライセンスを2年間保持し、問題がなければテストなどもなしにオープンライセンスに切り替える事が出来ます。※免許の取得時の年齢などで多少の違いはあります。

オープンライセンスになったらプレートの表示は必要ありません。

というのが簡単ですが、オーストラリアでの車の運転免許の種類です。

そして、ここからが本題です。

ケアンズを含むクィーンズランド州では、2020年2月1日より、ドライバーが運転中に携帯電話を手に持つ事が一切禁止になりました。

本当に一切です。※詳しくはこちら(英語)

信号待ちで、もしちらっとでも携帯電話に触れたら……アウトです!

ドライブスルーの支払いを携帯電話のアプリで……アウトです!!

このドライブスルーの事に関しては、マクドナルドのドライブスルーで使用する人が多いらしく、新聞記事にもなっていました。

政府のサイトを見ると、運転中は原則、携帯電話をオフにして運転に集中するように推奨していました。

また、どうしても携帯電話での通話が必要であれば、オープンライセンスとP2ライセンス保持者のみ、ハンズフリーキットをインストールして、それを使用しての通話は良いとの事です。LとP1(P1は条件次第でOk)は駄目ですよ!

また、どうしても携帯電話を使って通話が必要なら、合法に駐車出来る所で駐車して、完全に車が停車した状態で通話すること!だそうです。※この合法にというのは、所謂、信号待ちで停車などは駄目という意味です。

ケアンズの町中にはそこら中にカメラが仕込まれていて、もし違反したら罰金A$1000です。あなたがローカルの人なら、さらにデメリットポイントが4ですよ!!!しかも1年間で2回同じ違反をしたら免許取り消しですよ……💦💦

私は元々、運転が得意ではないので、運転する際には集中出来るように携帯電話は鞄の中に入れっぱなしで、しかもサイレントなので、このルール変更もそんなにビックリする事ではなく「ふ~ん」くらいの気持ちだったのですが、私の周りの人達は「え~~!!!」とかなり驚いていたので、運転中に携帯電話触る人って結構いるんだなと思い、この記事を書くことにしました。


せっかくケアンズに遊びにきたのに、このルールを知らず、万が一運転中に携帯電話に触って罰金をA$1000も取られた!!なんてことがないようにご注意下さいね!!

また、運転する際には先程紹介したプレートが車に貼ってあったら、その人達はみんなまだ一般免許証を取得してない人達ですので、特にLの場合はイライラせず見守ってあげて下さいね。P1、P2に関しては、みんながみんなそうではありませんが、運転が荒い人が多いです……ご注意下さい💦

私はP2に思いっきり車をぶつけられました……しかも無保険で結構大変な目に遭いました。自分だけが注意してどうなる問題だけでもないでしょうが、どうか出来る限りご注意頂いて、楽しいケアンズの滞在になりますように😊

ここまで読んで頂きありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

オーストラリアランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿

ケアンズCityのケーキ屋さんと感謝のディスプレイ

ケアンズCityに新しいケーキ屋さんが出来たと聞いたので、甘いもの大好きな夫にせがまれて行ってきました。 Ah-Room 所々にハングル文字があったので、コリアンのオーナーさんのお店なのかな?と思っていましたし、店員さんも店内のお客さんと韓国語で話していたので、英語で注文しようと...